足のしびれを超簡単ストレッチで治す方法



脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、坐骨神経痛、慢性腰痛、分離症を一日たったの5分の体操ストレッチで改善させる方法



足のシビレの原因

椎間板ヘルニア・狭窄症・すべり症・坐骨神経痛・椎間板症その症状によりさまざまあります。

腰から足の後ろに痛みやシビレが出るケースや、太ももの外側だけのケース、または、足首のだるさや足の甲の痛み、足裏のシビレ、かかとの痛みなど腰の骨の何番目の神経が圧迫しているかで、足のシビレの出方もひとそれぞれあります。

あなたはどのタイプ?

椎間板ヘルニア

椎間板症

狭窄症

すべり症

坐骨神経痛

変形性股関節症

知らなかったでは済ませれない
足のしびれと病気の関係

 

足のしびれは異常の始まり(サイン)

 

  • 足の感覚が鈍くなる
  • 触っても感じ方が弱い(鈍い)
  • 熱く感じる(灼熱感)

 

  • 歩きづらい、足が前に出ない
  • 意識しないと歩きにくい

 

  • 椅子に座っている時や歩いているときなど
  • 何もしていなくても正座をした後のような
  • しびれがある

上記のように大きく分けると

  • 運動麻痺
  • 足の血流障害
  • 神経の圧迫

この3つに分類されます。

 一番気をつけなければいけない足のしびれは、脳からくるしびれです。

脳の中心部にある視床下部の出血や梗塞など
で足にしびれを感じることもありますので
整形外科を受診して以上がない場合は、
脳外科を受診することをおすすめいたします。

まずは、足のしびれを自己判断しましょう

ステップ1
まずは、腰からくるしびれか
病気からくるしびれか判断する

元々の腰痛はなかったか、足のしびれが出る数日前に
重いものを持つような腰に負担がかかる動作は
なかったか?

以前から、時々足にしびれを感じていて
何かをきっかけにして症状が出てきた場合は
整形外科を受診しましょう。

ステップ2
腰が原因の場合の症状

片方の足のしびれ
坐骨神経痛を伴う足のしびれ
両足の裏の感覚が鈍い
筋肉がひきつれたような痛みもある
足がしびれて歩きづらい

主な病名としてはこの3つ
腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
腰椎すべり症

ステップ3
筋トレの効果

巷では、腹筋と背筋が弱いから
腰痛になると言われておりますが
そうとも限りません。

例えば、
事務仕事をしている人で歩くことが少ない人
家庭の主婦で運動嫌いな人

この方たちを見ていても、みんなが腰痛になるとは
限りません。

運動が大好きな人
週に2から3回スポーツジムに行き
筋トレをしている人でも腰痛になる人は
たくさんいらっしゃいます。

筋肉の弱さと腰痛の関係はイコールでは
ありません。

あくまでもその本人の弱いところに
症状が出てきます。

腰が弱い人は腰に
首が弱い人は頭痛や肩こりに
足が弱い人は膝の痛みに症状が
出てきます。

足の太ももから膝下までの痛みとしびれ、時にはかかとや足の甲まで痛みが出る

足も太ももの痛みやしびれ
歩いているときや、立っている時に痛みが強くなる

足の膝から下に痛みやしびれ
特に歩いているときに痛みが強く椅子に座りたくなる

登山の帰り腰から足が痛んで椎間板ヘルニアになった

やっと、やっとですよ、双子の息子が大学を出て、

それぞれ独り立ち してくれましてね。

 

家内も、これからはお父さんのしたい事をすれば

いいと行ってくれていたんですよ。

 

私は大学時代、山岳部に所属していて、 今でも山をこよなく愛しています。

 

子供たちを一人前にし、時間とお金に余裕が出来たら、

再び日本アルプス の山々に登りたいと思っていました。

 

そこで、今年の春から、地元の山岳 クラブに入り、また、

山をやり始めたのです。

 

そんな矢先でした、久しぶり に登った八ヶ岳の下りで膝に違和感を感じ、

その後みるみる左下半身が痛くて たまらなくなったのです

 

仲間の助けを借りながら、なんとか麓の町まで辿り着き、

そこの診療所で 診てもらいましたが、大きな病院できちんとした

検査をしてみないと分から ないと言われてしまいました。

 

それはその通りだろうと思いましたし、

しかたがないので、取り敢えず痛み止めだけもらって、

ごまかしながら、辛うじて自宅まで帰って来たのです。

 

その時は、もう腰から足に掛けて、痛みも分からなくなるほどの

痺れているような感覚で、自力で歩くのも困難な状態でした

 

翌日、長男が会社を休んで 病院に連れて行ってくれ、

検査をしてもらうと、椎間板ヘルニアを発症して いる事が判明。

 

今は椎間板ヘルニアでも、なるべく手術をしないで、

様子を診ながら自然治癒 を図るのが一般的なのだそうですね。

 

となると、しばらく山に登ることも無理でしょう。

 

せっかく復帰したと思ったらこの有様で、

そんな歳でもないのになぁとへこんでいます。

 

とりあえずは情報を集めて、できそうなことは何でもやってみようと思ってます。

3か月間、右足を引きずって歩いていた

いったい何が原因だったのか、とにかく、

ぼくは椎間板ヘルニア になってしまったのです。

 

おかげで、たいへんな思いをしたのですが、 今は何とか、

普通に歩けるくらいには回復しています。

 

つまり、ちょっと前までは、

まともに歩くことすらできなかったという、 怖い話です。

 

それはぼくが係長を任されて、新しい部署で闘志を燃やし、

しばらくたったころのことでした。この部署は忙しく、

ぼくも係長という 立場上、走り回らなければならない日々が続きました。

 

そうなんです、忙しくて、体調が悪くても病院に行けなかったのが悪かったのです。

 

腰が痛いと気づいたときには、もう本当に忙しすぎて、

寝る暇も惜しいような状況でした。

 

そんな状態だったものだから、

少し暇ができたときには、ぼくの腰はほとんど限界でした。

 

いや、腰だけではなくて、椎間板ヘルニアは、足にも深刻なダメージを与えていました。

 

特に右足がひどく、歩くのに右足を使えず、ほとんど右足を引きずって歩いていたのです。

 

椎間板ヘルニアのために右足を引きずって歩くということが、3か月も続いていたのです。

 

やっと病院に行くことができたのですが、

このころには、もうもとのように歩けないの じゃないかと恐れていました。さいわい、

足の方は回復してきて、今は、歩くことは できているので、まずまず安心です。

 

しかし、腰の方はまだ完全には治っておらず、

痛くなくなるにはもう少し時間がかかり そうです。

 

3ヶ月間も右足をかばっていたがために、左足にも弊害が起きはじめています

 

いくら忙しいといっても、椎間板ヘルニアになってしまったら、早めに病院へ行かないと いけませんね。

椎間板ヘルニア

椎間板症

狭窄症

すべり症

坐骨神経痛

変形性股関節症

腰からお尻の痛みがある

脊椎狭窄症になると、腰からお尻の痛みがよく起こることがあり、

仕事は、システムエンジニアをしているので残業が日常の状態です。

今では、足がシビレることが多くなってきました。

 

症状がひどくなると、脊椎狭窄症の場合、 腰だけでなく、

お尻の痛みが起こり、シビレが走るようになります

 

そうなると、仕事どころではなくなり、脊椎狭窄症の治療のために、

病院に行かなくてはならなくなります。

 

最近では、脊椎狭窄症になる 人は多く、足の痛みだけではなく、

お尻の痛みを訴える人が増えています。

 

お尻の痛みを持っている脊椎狭窄症の人は案外多く、

座りっ放しの仕事で無理をするとよく起こりました。

 

いずれにせよ、脊椎狭窄症でお尻の痛みが出ると、

何もやる気が起き なくなってしまうので、正直、怖いです。

 

お尻の痛みが脊椎狭窄症で出てくると、気力はなくなり、

腰やお尻の 痛みとの戦いが続きます。

 

脊椎狭窄症になると病院に行くのもおっくう になりますが、

何とか気持ちをふるって治療を受けなければなりません。

 

まずは脊椎狭窄症を治すために治療に専念することが大事で、

少しでも 運動をして、肉体の衰えを食い止めなければなりません。

馬尾性の間欠跛行

脊椎狭窄症というのは、加齢などによる様々な原因によって

骨、関節、椎間板、靭帯などが肥厚し、神経が通る管が狭く なることで起こります。

 

神経や神経の血行を阻害して症状を 出す病気が脊椎狭窄症であり、

坐骨神経痛を起こす病気の一つ でもあります。

 

事務職をしている時は、脊椎狭窄症を発症する条件に 当てはまっていました。

 

脊椎狭窄症に似た症状に間欠跛行が ありますが、

これは通常、腰を前屈させることによって症状が 悪化する傾向にあります。

 

間欠跛行に対して脊椎狭窄症の場合は、腰が後屈することで狭窄が

悪化するので、まったく逆ということになります。

 

脊椎狭窄症から 間欠跛行になることもよくあり、

それは1つの特徴的な症状で、 歩くと足がしびれたり痛んだりします

 

休憩するとそれが楽になるという症状が間欠跛行であり、

その症状は、 脊椎狭窄症と酷似していると言えます。

 

このことから、事務職をして いるは自分がどちらなのかわからないでいました。

 

両足 もしくはお尻あたりから足全体がしびれてくるのが馬尾性の間欠跛行で、 脊

椎狭窄症でもよく起こります。

 

脊椎狭窄症と間欠跛行はよく似ていて、

片方の足だけが痛んでくる 神経根性の間欠歩行というのもあります。

 

間欠跛行がひどくなると、 歩行距離が段々短くなっていき、

これもまた脊椎狭窄症の症状と よく似ています。