椎間板症 | 足のしびれを超簡単ストレッチで治す方法



脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、坐骨神経痛、慢性腰痛、分離症を一日たったの5分の体操ストレッチで改善させる方法



椎間板症

このケースの場合は、腰の痛みが主な症状です。

椎間板症

腰痛の中でも多いのが椎間板症です。
 
椎間板症の症状としては

  • 腰(腰椎)の重だるさ
  • 骨盤の痛み
  • 立っている時の痛み
  • かかとの痛み
  • 足裏の感覚異常

 

骨と骨の間にある椎間板が薄くなり神経を圧迫します。初期症状は、腰のだるさから始まりその後、動き出した時の痛みそして、長く立っていられなくなります。時には足の裏がしびれることもあります。

 
 
腰痛や足がしびれる原因については、下の画像をクリックして詳細を御覧ください。



加齢による腰椎の変形や腰椎と腰椎の間の椎間板の変性

脊椎狭窄症の足の痛みは、普通の日常生活では支障となることは少ないので、 あきらめがちです。

 スーパー店員をしている私もそうでした。

しかし、脊椎狭窄症の足の痛みを放置するのはよくなく、できるだけ早く、 適切な診断と治療をする必要があります。

 

腰部脊椎狭窄症の場合、

加齢による腰椎の変形や腰椎と腰椎の間の椎間板の変性から来るのがほとんどです。骨のずれや靱帯の肥厚なで脊椎狭窄症は起こり、腰の神経の通り道が狭くなることで、足の痛みがでます。

 

足のしびれや足の痛み、そして 脊椎狭窄症がひどくなると、足の力が弱くなり、肛門周りの感覚も鈍くなってきました。脊椎狭窄症になると、神経が圧迫されて生じる腰痛やお尻の痛み、そして足の痛みや しびれなど、様々な症状が出ます。

 

また、脊椎狭窄症の特徴的な症状として、太もも からすねやふくらはぎにかけての痛みやしびれがあることです。

 

足の甲や足底、足の 指のしびれなどもあり、足の痛みと合わせて脊椎狭窄症になると色んな症状が露呈します。私もも様々な症状で精神的にも参るほどでした。

 

腰部脊椎狭窄症の場合、腰が悪くなって起こる病気ですが、腰の痛みはなく、足の痛み だけ起こる場合もあります。脊椎狭窄症になると、神経が圧迫される部位によって、足の痛みやしびれの出る部位には違いがあります。

 

足の付け根から太ももの全面、そして内側 に症状が出るパターンも脊椎狭窄症にはあり、足の痛みの症状は様々です。

椎間板症になったらもう治らないの?


椎間板症になったからといっても、あきらめることはありません

その痛みの原因を改善し、楽になる方法があります