太ももの痛みやしびれ 腰椎すべり症 | 足のしびれを超簡単ストレッチで治す方法



脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、坐骨神経痛、慢性腰痛、分離症を一日たったの5分の体操ストレッチで改善させる方法



太ももの痛みやしびれ 腰椎すべり症

このケースの場合は、お尻から太ももに痛みやシビレが走ります。
 
腰部すべり症そして椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因のケースがあります。

腰椎すべり症のケース

腰痛の中で、加齢が原因といわれる腰椎すべり症です。
 
すべり症の症状としては

  • 腰の痛み
  • 足の痛み、しびれ
  • 台所で立っている時の痛み
  • 中腰や歩行での痛み

 

すべり症の症状が強くなると、金属で腰を固定する手術をすすめられます。

 
 
すべり症で足がしびれる原因については、下の画像をクリックして詳細を御覧ください。



腰椎症や、変性すべり症、変性側弯症

すべり症になる人の中には、子供の頃の事故などの強い衝撃で腰椎が不安定になり、腰から足の痛みが強く起こります。

 

私は、子供の頃からではなかったのですが、一番多い加齢と共に起こる腰椎症や、変性すべり症、変性側弯症などのすべり症でした

 

椎間板を狭くしてしまう事も、すべり症の引き金となり、足の痛みや足のしびれで歩くなくなることもあります。少しは歩けても、だんだんと足に痛みやしびれ感を伴うのがすべり症の特徴で、足の痛みはどんどん増していきました

 

すべり症で 足の痛みが酷くなると、脱力感で長く歩けなくなってきます。しばらく休むとまた歩けるようになるのですが、またすぐに 足の痛みが起こります。

 

前かがみになると足の痛みが楽になるのは、前かがみになることで脊椎間の幅が広くなるからです。このすべり症の症状は仕事に支障をきたす大きな問題でした。

 

足がしびれてきて、足の痛みが起こり、最後には痛くなって歩けなくなることがよくあります。しかし、不思議なことに、すべり症の足の痛みは、少し腰を曲げて休んでいると、楽になり再び歩けるようになります。

腰椎すべり症になったらもう治らないの?


すべり症になったからといっても、あきらめることはありません
その痛みを改善し、楽になる方法があります