すね・ふくらはぎの痛みやシビレ 坐骨神経痛 | 足のしびれを超簡単ストレッチで治す方法



脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、坐骨神経痛、慢性腰痛、分離症を一日たったの5分の体操ストレッチで改善させる方法



すね・ふくらはぎの痛みやシビレ 坐骨神経痛

このケースの場合は、お尻から特に、すね・ふくらはぎに痛みやシビレが走ります。
 
坐骨神経痛そして椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因のケースがあります。

坐骨神経痛のケース

 

腰痛の中でももっとも多いのが坐骨神経痛です。

坐骨神経痛の症状としては

  • お尻の痛み
  • 足の痛み、しびれ
  • 椅子に座っているときの痛み
  • 中腰、朝起きたときの痛み
坐骨神経痛の症状が強くなると、常に痛みやしびれを感じ、感覚が鈍くなることもあります。

 
 
坐骨神経痛で足がしびれる原因については、下の画像をクリックして詳細を御覧ください。



腰の神経の通り道が狭くなっているーー悩み相談

骨と骨をつなぐ靱帯の肥厚などにより、腰の神経の通り道が狭くなって 坐骨神経痛となったのです。

 

私は警備の立ち仕事で、坐骨神経痛になってから、足のしびれや痛み、そして足の力が弱くなっていきました。また、 坐骨神経痛になったことで、仕事中は、肛門の周りの感覚までもなく なったりしました。

 

普段の動作で気をつけることは、腰をやや曲げて歩くこと、腰を冷やし過ぎないようにすることです。坐骨神経痛に対しては、腰の運動を軽度に行うことも大事ですが、肛門の周りの感覚異常が気になります。

 

薬は、痛みを軽減する ための痛み止め(ロキソニン)、神経の血行を良くする血流改善薬(プロスタグランジンE1)などを使用します。その際、副作用が強く、胃の不快症状が出る場合は痛みに対して、漢方薬を処方することがあります。

 

また、ブロック注射も効果的です

 

外来で簡単にできる仙骨硬膜外ブロックという、肛門の少し上から行う注射が、 坐骨神経痛の治療にはあります。様々な治療を施すことで、仕事中は、歩けないということは随分少なくなりました。

 

坐骨神経痛になったらもう治らないの?


坐骨神経痛になったからといっても、あきらめることはありません
その痛みの原因を改善し、楽になる方法があります