脊柱管狭窄症の薬 | 足のしびれを超簡単ストレッチで治す方法



脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、坐骨神経痛、慢性腰痛、分離症を一日たったの5分の体操ストレッチで改善させる方法



脊柱管狭窄症の薬

脊柱管狭窄症の病気の主な治療法は血行改善薬や、消炎鎮痛剤、ノイロトロピンを使用してコントロールするのが治療法になり、かなり進行してしまうと歩行障害が出てしまうため日常生活にも支障がでる事もあるため、そういう時は手術して直し後はリハビリといった治療法になります。
 
また若い人でも重い荷物や重労働、長時間の運転などをしていたり腰を若い時に痛めたりした人がなりやすいとさ特に中年女性におこりやすい病気とも言われています。

 

対策としては歯を食いしばって歩いたりせず、腰が痛い時は安静にしストレッチを行ったり体の中のインナーマッスルを鍛える事によって予防されていきます。