脊柱管狭窄症は背骨が原因 | 足のしびれを超簡単ストレッチで治す方法



脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、坐骨神経痛、慢性腰痛、分離症を一日たったの5分の体操ストレッチで改善させる方法



脊柱管狭窄症は背骨が原因

脊柱管狭窄症は腰を痛めたりしておこる病気になり脊柱管という神経を囲んでる管から引き起こされる整形外科疾患で、加齢と共になったり疲労や日ごろの姿勢の悪さから成り立つ症状で、背中などの骨が神経を圧迫させたりすることから引き起こされ、見た目だけではわからないためレントゲンといった写真からこの症状が発覚されます。

 

この病気が悪化すると椎間板ヘルニアの他にも骨粗鬆症になったりする場合があり、進行すと足に変化がおき進むと足に違和感を覚え痛み等がおきたりし休むと回復する特徴があるため、ただの疲れか立ちっぱなしだから疲れたんだと誤解を与えてしまうケースが多いといわれています。